新着情報

2017年度 会長挨拶

4月の引き継ぎから早2ヶ月ほどが経ちました。
この間に、第1回運営委員会、運動会という大きな山場を超え、ようやく会長の仕事に慣れてきた今日この頃であります。

本部に入り、広い目で委員会の皆さんの仕事を見渡すと、あらためて皆さんの働きのありがたさがよく分かりました。委員会の困りごとを解決し、皆さんが仕事をしやすくできるようなお手伝いを、本部として行っていきたいと考えています。

PTA活動は、学校と保護者が連携し、保護者が協力して、子どもの教育に参加していくものだと思います。
勉強だけでなく、人間性、社会性、協調性など、大人になるために必要なことすべてを、子どもにしっかり伝えていけるよう、親として成長していく場を皆さんと一緒に作って行けたら最高だと思います。

この一年間、皆さんのお役に立てるよう、がんばっていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

PTA会長 関口

2017年度 地域交流委員長挨拶

 地域交流委員会は、主に夏の「吾妻まつり」と冬の「ランタンアート」の準備に、小学校代表として参加しています。
 吾妻まつりは今年で37回を迎えます。『みんなが楽しめるお祭りを!』と、現在準備の真っ最中です。「おばけの森」「おたのしみくじ」「手作りいかだ大会」「模擬店」「アトラクション」今年も盛りだくさんです。7月16(日)ぜひ遊びに来てください。

地域交流委員長 宮原

平成29年度PTA 第1回運営委員会だより

平成29年5月20日に第1回運営委員会を開催しました。
議事内容などをお知らせいたします。


吾妻小PTA_H29年度第1回運営委員会だより_20170601.pdf

平成29年4月15日にPTA総会が開催されました。
詳細は、以下の議事録をご確認ください。


平成29年度PTA総会議事録v2.pdf

「吾妻小防災手帳」を改訂しました。

吾妻小防災手帳は、平成26年度に吾妻小学校が取り組んだ「地域と学校が連携した防災教育モデル事業」を通じ、「大人にも児童・生徒にも役立つもの」という観点で、防災に対する問題認識や共有すべき情報について取りまとめたものです。

作成から3年が経過し「東日本大震災以降に発生した災害等の経験の蓄積」、「吾妻学園地区の状況変化」等の状況を踏まえ、この度、改訂を行いました。

改訂版「吾妻小防災手帳」は今年度の新1年生より配布してきます。
配布を希望する方は、PTA本部またはおやじの会までお問い合わせ下さい。

なお、こちらからもダウンロード可能です。
ダウンロードリンク:
吾妻小防災手帳 表面
吾妻小防災手帳 裏面(防災マップ)

●印刷時の注意
そのまま印刷すると、枠などが入ってしまいます。
印刷時は用紙設定を「A3」とし、印刷のサイズオプションは「実際のサイズ」として下さい。防災手帳はA3サイズを基本としています。(小さいと記入ができません。)

●防災手帳の使い方
防災手帳の使い方を「取扱説明書」として、まとめています。
活用に当たってはこちらも是非ご覧ください。(取扱説明書は任意のサイズで印刷してください。)
ダウンロードリンク:
防災手帳取扱説明書

「防災手帳」は学校全体、地域全体で活用してこそ力を発揮します。
まずはそれぞれの家庭で話し合う場をもっていただき、もしもの時には、本防災手帳を通じて児童・生徒に適切なアドバイスをお願いします。
そして、地域ぐるみでの防災力向上を図っていきたいと考えております。

なお、今回の「吾妻小防災手帳」の改訂にあたっては、(一社)茨城県PTA安全互助会の「健康・安全教育支援事業」による助成を受けています。
また、つくば市教育委員会(教育総務課)が作成した「つくば市学校防災危機管理マニュアル作成の手引き(平成29年3月15日改訂)」において、災害発生後の対応例とその解説として、「吾妻小防災手帳」が取り上げられており、吾妻学園の取り組みがつくば市内の小中学校などに還元されています。

2016年度 会計挨拶

 本部会計の伊藤、中島です。全員が女性という、おそらく吾妻小学校PTA始まって以来と思われる本部メンバーの一員として、楽しく和やかに1年間過ごすことができました。

 会計の仕事は、PTA会費を管理し予算どおりに執行していくことのほか、PTA室や印刷機の管理、その予約システムの管理、物品の購入など様々です。

 間違いがないようにと責任をいつも感じながら、気の抜けない日々でしたが、何とか無事に役割を終えることができそうで、ホッとしています。

 会計の良いところは、お金というものを通じて学校全体の動きを把握できたり、会費がいかに学校の運営に欠かせないものとなっているかを実感できる事ではないかと思います。

 役員選考時には敬遠されがちな役職ですが、やってみれば必ずやって良かったと思っていただけるはずですので、積極的に手を挙げて下さると嬉しく思います。

 皆さまには1年間色々とご協力をいただき、誠にありがとうございました。

                              本部・会計 伊藤、中島

2016年度 役員選考委員長挨拶

 本年度、役員選考委員を務めさせていただきました丹下です。役員選考委員は、来年度のPTAの本部役員になっていただく人を探すお仕事です。なっていただけそうな方が見つかれば、西に東に走り回り、時に容赦なく、またある時は遠慮深く、所構わず声をかけさせていただきました。多くの人に、選考活動にご協力いただきましてありがとうございます。地味で地道な選考活動と、皆様の温かいご支援のおかげで、来年度も、熱意のこもった7人の精鋭を選ばせていただくことができました。承諾していただいた方には大変感謝をしています。私も、この一年、運営委員会などで小学校に足を運び、役員や他の委員の人たちや諸先生方を含め様々な人たちと接する機会も多く、PTA活動についてより理解することができましたし、考えさせられることも多かったように思います。

 我々選考委員は、皆様からいただいた推薦書や口コミ情報などを元に、みんなで意見を出し合って方向性を決め、交渉をしていきました。ある意味責任重大ということもありますが、仕事量としてそれほど多いわけでもありませんでした。本当に大変だと感じたのは、せいぜい一週間くらいのごく一部の時期だけでした。

 委員内部は、とても和やかで和気藹々としていました。選考委員の内訳は、委員長私一人が男性、他4人が女性、その実態は、とても明るく仲良しな4姉妹と、それに付いていく少し控え目な長男といった雰囲気で、ある意味とてもバランスが取れていたと思います。また、委員会で集まって喧々諤々と議論していたわけではなく、要点を抑えた話し合いをし、単純作業の折には多くのおしゃべりもあり、普段の生活や、昔の話、例えば、
選考委員A「あのさぁ、あの帆船のついたチョコのお菓子あるじゃない。あれね、私なんか、ちょっとつまんでいるうちにいつの間にか一箱まるごと全部たべちゃったりしちゃうんだけど...」
選考委員B「なーに、全然。私もそれくらい一瞬よ。食べる食べる。」
選考委員A「そうなんだ。じゃ、私、次は袋でいってみようかしら。」
選考委員たち「....」
など他愛もない会話も。

 去年の春に始まった役員選考委員会活動ももう丸一年が経とうとしていますが、終わってみればあっという間で、名残惜しい気もします。このような経験を生かし、来年度の役員選考委員の方々に、より良いアドバイスとサポートができればと思っています。お待ちしております。

                              役員選考委員長 丹下 基生

2016年度 学年委員会長挨拶

 学年委員会は、これまで学年・学級懇談会の進行や奉仕作業の運営補助、卒業対策に関する活動等々、多岐に渡る活動を行って来ました。
現在は、PTA委員選考の真っ只中ですが、お陰様で無事に次年度委員を決定する事が出来そうです。ご協力頂いた皆様に感謝申し上げます。今後も1人1役では委員が不足する状況です。既に役を終えられた保護者の皆様も積極的に2役目にご協力頂けますと幸甚です。
 学年委員会は20人を超える大所帯。当初は仕事の傍らPTAを両立出来るか不安がありましたが、委員の皆様に支えられ気づけば一年間楽しく活動する事が出来ました。今年度も残すところあと少し、任務を全うして次期委員へバトンを渡せればと思っています。
引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。

                                学年委員会 田中

更新情報